脚脱毛の色々な失敗原因と対処方法の詳細

> 脚脱毛の色々な失敗原因と対処方法

脚脱毛の色々な失敗原因と対処方法

女性の多くは、ムダ毛処理を行っていると思います。今回の記事では、脱毛部位の中でも特に人気のある脚の脱毛の失敗や原因について詳しくご紹介します。

自己処理による脚脱毛の色々な失敗原因とそれぞれの対処方法

ムダ毛処理のセルフケア方法として、一番主流なのが「カミソリで剃る」ことなので、こちらに焦点をあてて説明していこうと思います。

1.自己処理(カミソリ)での脚脱毛のよくある失敗

カミソリでの失敗として一番多いのは、肌を痛めてしまうことです。これには次のような原因があります。

  • 刃の枚数が少ないカミソリを使う
  • お風呂の時に石鹸をつけて剃る
  • 毛の流れに逆らって剃っている(逆剃り)
  • 自己処理後のアフターケアをしない

どれも自己処理の時には当たり前にやっている(または怠っている)行為ですが、実は肌にとってはマイナスな行為です。次の項目で、それぞれ詳しく原因を掘り下げてそれに対する対処方法を説明していきます。

2.原因と対処法

刃の枚数が少ないカミソリを使う

百円均一や安いカミソリというのは、一枚刃や2枚刃がほとんど。また誤って肌を傷つけないようにつけられる安全ガードもないものが多いようです。カミソリの刃が多いと、刃一枚一枚にかかる力が分散され、肌にかかる負担が少なくなります。逆に、刃の数が少ないということは、剃った時の肌にかかる力が集中してしまうことになります。

カミソリを選ぶときには、刃の大きさやグリップ、安全ガードの有無の他に、刃の枚数が多いものを選ぶようにしてください。

お風呂の時に石鹸をつけて剃る

脚の毛を自己処理する時、お風呂に入りながらついでに処理する人が多くいます。そのため、手近にある石鹸をつけて滑りをよくして剃っている人が多いと思います。しかし、石鹸は体のバリアである油分を落としてしまうので肌が乾燥した状態になってしまいます。そうなると外部刺激にも敏感になってしまい、肌を傷める要因になります。

脚の毛を剃る場合のポイントは、石鹸ではなくシェービングクリームやジェルを使うようにして、保湿しつつ滑りをよくすることが大切です。

毛の流れに逆らって剃る(逆剃り)

このやり方で剃っている方は本当に多いと思います。シェービングクリーム又は、カミソリのTVCMでも、下から上に剃っている映像をよく見ます。しかしこのやり方は、皮膚の表皮を削り落としてしまうことが多く、肌にとってはかなり負担のかかった剃り方なのです。

カミソリで脚の毛を剃る場合の注意点は、必ず毛の流れに剃って剃ることです。

自己処理後のアフターケアをしない

カミソリで毛を剃ることは、肌に少なからず負担をかける行為です。お風呂の後というのも、肌は乾燥して敏感になっているため、アフターケアをせずにそのまま放置すると、肌荒れやヒリヒリとした痛みを感じることもあるかもしれません。

自己処理の後はしっかり保湿をし、肌をいたわることがとても大切です。肌のキメを整えることで、近くで見つめられても平気なキレイな脚になります。

脱毛サロンによる脚脱毛の色々な失敗原因とそれぞれの対処方法

夏に向けて脚をツルツルにキレイに脱毛したい女性が一番に考えるのが「エステサロン店での脚脱毛」でしょう。TVでも脱毛のCMがよく流れますし、インターネットサイトでも店舗ごとに無料キャンペーンなどの情報が多くあります。

しかし、数が多いだけに脱毛サロンでの脱毛の失敗談も多くあります。それぞれについて原因とその対照法についてお話します。

痛みが強かった

脱毛サロンでは、光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛を行っています。フラッシュ脱毛の場合は、毛穴の黒い部分に光を反応させて脱毛させるため、比較的痛みは少ないのですが、レーザーはフラッシュ脱毛と異なり単一の波長によるためより強く肌に負担をかけます。

痛みも感じやすく、敏感肌の人は、赤く腫れたり、ヒリヒリしたりすることもあります。

脱毛サロンでは必ず事前にカウンセリングがあると思います。その時に肌質や現在の肌の状態を正しく伝えて、自分に合った脱毛プランを組んでもらうことをおすすめします。

痛みに自信がない、敏感肌を自覚している方は比較的出力の弱いフラッシュ脱毛をおすすめします。

また、脱毛が初めての方は、高いコースを契約する前に、別の箇所でも構わないので、サロンの打ち出す無料キャンペーンや格安キャンペーンで一度脱毛を体験するとよいでしょう。効果を感じることは少ないと思いますが、施術を受けた時の痛みや、肌の状態を知ることができます。

肌荒れしてしまった

肌荒れと一口で言っても、その原因はいくつかあります。まずは脱毛の施術が自分に合わなかった場合です。特にレーザー照射は自分に合わない強さで施術されると、赤くはれたり、ヒリヒリとした痛みを感じたりします。ポツポツと黒い点が残ることもあります。

それを予防するには、施術前のしっかりとしたカウンセリングが大切です。また、口コミ体験談やレビューの評価参考にしてサロン選びをしたり、お試しキャンペーンなどのサービスを受けた時にワキ脱毛などを通常価格よりもお得に試したりするのもおすすめです。脱毛部分は異なりますが、そのサロンでの脱毛施術について知ることができます。

今度は、サロンでの脱毛の施術後のアフターケアを怠った場合です。サロンで脱毛した後というのは、施術箇所が乾燥して、とても敏感な状態です。そんな肌で紫外線を浴びたり、入浴したりするのは危険です。

更なる肌トラブルを招く可能性がありますし、シミになることもあります。また感染症のリスクもあるため、施術後は、外出や入浴は避け、軽くシャワーを浴びる程度で肌と体を休ませる必要があります。

予約がなかなかとれない

これは、TVCMやネットの広告が集中する春から夏にかけてよくあることです。広告の謳い文句として「夏までに!」「薄着になるこれからの季節に」といった言葉をきっかけに脱毛を考える人が多いため、脱毛サロンに入会する人が増える理由からその分予約がとれなくなってしまうのです。

脱毛に速攻性がないことも考慮に入れて、脱毛サロンは早めに通いはじめることをおすすめします。夏までに脱毛を完了させたいのであれば、その前の年の10月頃から通い始めるのが最適なタイミングです。

また、日焼けをしていたり、けがをしたりの状態では、脱毛の種類によっては、施術自体をすることができません。サロンで施術を断れる可能性が高いです。脱毛サロンに通っている間は、なるべく日焼けしないように気を付ける必要があります。

脱毛完了まで時間がかかる

カミソリでの自己処理とは違い、脱毛の施術を受けたからと言って、すぐに目に見える効果があるわけではありません。光脱毛なら少なくとも6回、1年〜1年半、レーザー脱毛なら4回8ヶ月〜1年ぐらいから目に見える効果を感じることができます。「少なくとも」これぐらいの期間は必要ですので、毛質や毛量、または予約がスムーズにいかなければさらにかかることになります。

毛には成長期、退行期、休止期という毛が生え代わる3つのサイクル(毛周期)があります。脱毛は、この毛の成長サイクルにしたがって進めていく必要があるため、短期間に施術回数を増やすことはできません。

ゆっくりと、しっかりと脱毛を進めていくことがトラブルもなくすべすべの肌を手に入れる近道になります。もっと早く脱毛したい場合は、クリニックなどで行っている医療用レーザーは、脱毛サロンに比べて出力も強いため、比較的早く脱毛を完了することができます。

予定していた金額より多くかかった

サロンのホームページで表示されている回数というのは、一般的な回数と期間になります。それから人により、毛の多さや固さにあわせて最初のカウンセリングの時に、スケジュールを細かく決めていきます。

しかし、スケジュールを終えた時点で満足な脱毛の効果を感じられなければ、さらに回数を増やすことで追加料金が必要になり、予定していた金額よりオーバーしてしまいます。

これを防ぐためにもサロンの選び方として、施術金額と回数をそれぞれだして、トータルでかかる費用を比べることが大切です。

店舗ごとに料金設定は異なり、1回の施術料金は、ホームページなどに掲載されていることが多いので、それを参考にするとよいでしょう。キャンペーンなどで、パック料金になっている場合もありますが、脚脱毛をメインに行いと考える場合は、脚脱毛の施術料金をきちんと把握しておくことが重要になります。

さらに店舗によっては当日や前日にキャンセルした場合、キャンセル料が必要なサロンもありますので確認しておきましょう。

また、スタッフの勧誘に負けて別の範囲の脱毛の契約までしてしまったり、余計なスキンケア用品を買わされたりすることで、費用がかさむこともあります。不要な契約や化粧品は強い気持ちで断れるように心積もりをしておきましょう。

クリニックによる脚脱毛の色々な失敗原因とそれぞれの対処方法

クリニックは医師による脱毛なので、他の処理方法と違いなにより安心度が高いです。また、医療用レーザーは出力が大きいので、比較的効果が感じられやすいのも特徴です。しかし、クリニックでもいろいろな失敗談があります。

脱毛の効果が感じられない

医療用レーザーは、脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛やレーザー脱毛に比べて、医師の立会のもと、出力の強いマシンで行われるため、比較的効果が出やすいのですが、脱毛のサイクルとして毛の成長サイクルにあわせて2〜3ヶ月おきに施術を行うため、効果を感じられるのは少なくとも通い始めて6ヶ月以降となります。もしかしたら、もっと期間を要する可能性も高いです。

そのため、薄着になる春から通い始めても、すべすべの肌には間に合いません。1年〜など余裕をもって脱毛のスケジュールを組む必要があります。

痛みが強かった

クリニックで行われる医療用レーザー脱毛は、出力が高く設定されています。レーザー脱毛は光によるフラッシュ脱毛に比べても痛みを感じやすいので、出力の高い医療用レーザーの場合は、サロンと比べても痛みを感じることは多いようです。

しかし、医療用レーザーは、毛母細胞を直接破壊するので、サロンや自宅で行うセルフ脱毛とは違い半永久的に脱毛効果を持続させることができるというメリットも有ります。そのため痛みが耐えられる強さであれば、とても有効な脱毛方法だといえます。

敏感肌や痛みに弱いという自覚があるのなら、効果が高いとしても医療用レーザーより脱毛サロンのフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の方をおすすめします。また、そうでない人も、最初の医師との診察の時に、肌の状態や不安なことについてよく話し合っておくことが大切です。

脱毛の施術後に肌荒れした

肌荒れは、施術した医療用レーザーが肌に合わなかったことも考えられますが、施術後のアフターケアや、施術後にしてはいけない行為をしたことにもよります。

脱毛の施術後というのは火傷に近い、肌にかなり負担をかけた状態なので、いつもよりだいぶ敏感になっています。紫外線に対してもだいぶ弱い状態なので、施術後はなるべく日に当たらないように気をつける必要があります。

特に脚は、夏場露出している機会が多いですが、脱毛の施術後は日焼けしないように気をつけて下さい。また、施術後の入浴もしてはいけません。思わぬ感染症を避けるためにも、お風呂は湯船に入るのではなく、軽くシャワーを浴びるぐらいでとどめておきましょう。

予算をオーバーした

はじめにたてる脱毛スケジュールは、脱毛が完了するであろう予定で組まれるものです。稀にですがスケジュールを全て終えても満足した脱毛の効果が感じられなければ、引き続き脱毛施術を受ける場合があります。その場合は、追加で費用がかかることがあります。

また、クリニックの場合は、施術の費用だけではなく、来院する度に再診料がかかります。他にも、施術後のアフターケアのためにと痛み止めや薬が出されることがあり、このような薬代にも費用として考えて置かなければいけません。

クリニックで脱毛する場合は、このような施術以外の費用があることを頭に入れて、期間と予算にある程度の余裕をもって契約することが必要です。

家庭用脱毛器による脚脱毛の色々な失敗原因とそれぞれの対処方法

カミソリでの処理は面倒だけど、クリニックや脱毛サロンに行くには時間もお金もない!という方には、家庭用脱毛器がおすすめです。自宅で誰にも知られずに脱毛できるというメリットや最近の機器の進化も併せて、家庭用脱毛器を利用する人が増えています。

しかし、便利と思われる家庭用脱毛器も使い方や思い違いで、次のような失敗をして後悔する恐れがあります。

思っていたより痛い

痛みには個人差もありますが、カミソリと同じ感覚で使用すると驚くほど痛かった、という意見もあります。家庭用脱毛器には「毛を引き抜く脱毛」、「光(フラッシュ)脱毛」、「家庭用レーザー脱毛」の3種類があり、その中でも毛を引き抜くタイプの脱毛は痛みが強いようです。

また、一番メジャーな光(フラッシュ)脱毛は、毛の黒い部分に反応して脱毛するため、毛が太く濃い人や、多い人はそうでない人より痛みが強いと言えます。

また、日焼けをした肌には基本的には家庭用脱毛器は使用できません。日焼けをした黒い肌に反応してしまうからです。日焼け後の肌は紫外線によりダメージを受けており、乾燥しているため普段より敏感になっています。そのため日焼けした場合は、しばらく脱毛はお休みになります。

使用する脱毛器の種類にもよりますが、自分が痛みに弱い、または敏感肌であることを自覚している人は、家庭用脱毛器での脱毛よりクリニックや脱毛サロンでの脱毛をおすすめします。

思っていたより効果が感じられない

毛を抜くタイプの脱毛は、自分で毛抜きを使って、抜くことと同様です。ゆっくりしか脱毛を進めることしかできません。また、クリニックや脱毛サロンとは異なり、半永久的に脱毛できるのではなく、発毛サイクルによって、また毛は生えてきます。

また、光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛は、クリニックや脱毛サロンに比べると出力がだいぶ弱いため、効果が現れるのが遅く、処理の速度も時間がかかります。

家庭で安全に使用できることを念頭に置いているため、このような出力の弱い仕様になっています。このことをわかっていないと、効果が全く感じられないと脱毛を断念することにつながります。

家庭用脱毛器は、いずれまた毛が生えてくるということ、脱毛に時間と期間を要するということを頭に入れておくようにしましょう。

思っていたより費用がかかる

家庭用脱毛器は本体だけを購入しても使い物になりません。本体+カートリッジなどの消耗品も購入する必要があります。

各メーカーとも本体価格を抑えて宣伝していますが、長く使い続けようと考えるならばカートリッジの価格や、本体の使用可能年数なども考慮に入れて選ぶとよいでしょう。

まとめ

脚脱毛の失敗として、カミソリ等による自己処理、家庭用脱毛器、脱毛サロン、クリニックの4つについての失敗とそれに対する対処法をご紹介しました。

カミソリによる自己処理は、気軽にできる分誰でも失敗を経験していることと思いますが、他の脱毛方法はお金や時間を要するので、あまり失敗はしたくないものです。こちらのレポート内容を参考に、失敗せずに脚脱毛を成功してもらえれば嬉しいです。