脚脱毛の効果の詳細

> 脚脱毛の効果

脚脱毛の効果

脚脱毛の方法はいろいろありますが、効果があると言われている脱毛方法をご紹介します。

家庭用脱毛器による脚脱毛

自宅で行えるムダ毛処理の脱毛方法で利用者も多いのが、家庭用脱毛器による脚脱毛です。

サロンなどの脱毛器に比べて、光をあてる照射範囲は小さめですが、それでも大量に生えている脚のムダ毛を自宅で処理することができるのは魅力的です。

時間はかかりますが、テレビや動画を見ながら、好きな曲を聴きながら、ゆっくり自分のペースで脚脱毛を行うことができます。
日中、サロンに予約を取って通うのが難しい方でも、脚脱毛が効果的に行えるのが、家庭用脱毛器による脱毛方法です。

ブラジリアン・ワックスによる脚脱毛

ワックス脱毛のメリットは、自宅でも手軽に自己処理できる割に効果があるという点です。

ただ、ワックスを塗りシートを使ってはがして脱毛するので、ある程度の長さの毛がないと抜けにくいものです。

露出が大きく目に付きやすい脚の部分を脱毛するためには、毛が伸びるまでの期問、どうするかの課題はありますが、カミソリ処理などに比べても肌へのダメージが少なく脱毛効果が高くなっています。

塗ってはがす脱毛方法なので、肌の強い方にオソスメの脚脱毛方法です。

エステサロンでの脚脱毛

エステサロンでの脚脱毛は、多くは光脱毛と呼ばれる脱毛方法が取られます。

光脱毛は、脱毛箇所に光を当てて、そのエネルギーを毛根に吸収させて毛を弱らせることで脱毛を促す方法です。

サロンの光脱毛は出力が低めなので痛みは少なくなっていますが、その分施術回数は多くなっています。

脱毛効果に個人差はありますが、脚脱毛のムダ毛の効果は、平均3回目ほどの施術で効果を実感する方が多いようです。

医療レーザーでの脚脱毛

医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べて出力が高くなっている脱毛方法です。

その分、痛みを強く感じたりする場合もあるというデメリットもありますが、医療クリニックで行われる施術のため、麻酔クリームなど痛みを和らげる処置を行うことができます。

脚のムダ毛のように、広範囲に生えている毛を一度に処理することができるので、脚脱毛の方法としては、医療レーザーは最適な脱毛方法と言えるでしょう。

サロンなどの光脱毛に比べて料金は高めになりますが、その分、毛の再生力を弱めて得られる脱毛効果も高いと言えます。

合わせて読みたい
医療レーザー脱毛で脚脱毛

効果がないといわれている脚脱毛方法

カミソリによる脚脱毛

カミソリを使用する脱毛は、表面の毛のみを剃り落すので、キレイに処理をしたつもりでもすぐに毛が生えてきます。

またカミソリは毛と同時に肌の表面も削り取るため、お肌を傷つけてしまいます。

使用するカミソリは、清潔で新しい刃を使わないと、カミソリ負けや肌の炎症や乾燥を起こしやすくなります。

カミソリを使うと手軽に表面の毛の処理ができますが、肌への負担がとても大きい脱毛方法です。

毛抜きによる脚脱毛

毛抜きによる脚脱毛は、時間がかかる割には効果が薄いものとなっています。

1本1本毛抜きで引っ張って抜くと、その場はキレイに抜けたように見えますが、取りきれず残った毛根から、皮膚の下で伸びていく埋没毛が起こることも多くあり、黒ずみなどの問題が生じます。

脚の毛量は、脇などの狭い範囲に比べて大量に生えているものですので、抜き終わっても次の毛が生えてきたなどという状況もありえます。

また、毛を抜いた後の毛穴から菌が入り込み、皮膚に炎症を起こすことがありますので、脚脱毛に使用する毛抜きは消毒をして、脱毛処理後のお肌の消毒や保湿ケアなどのお手入れをしっかり行うことが必要です。

脱毛クリームによる脚脱毛

脱毛クリームで脚脱毛を行う方も多いようですが、脱毛の観点から言うと、脱毛効果は薄いものとなっています。

そもそも脱毛クリームは肌に塗って表面の毛を取り除くというものなので、本来は脱毛というより除毛クリームに該当します。

脱毛クリームは、お肌に塗って表面の毛を溶かす脱毛方法です。そのためアレルギー体質の方や、お肌の状態が敏感な生理中や出産前後、病中病後などに脱毛クリームを使用するのは控えましょう。

脱毛クリームは、脚の表面の毛を処理して根本的な脱毛にはなっていないため、すぐに毛が生えてきます。

そのため脱毛の効果はないと言われています。

脚脱毛の効果を下げてしまうのでやってはいけないこと

カミソリやシェーバーを使用する脱毛方法

毛の流れに沿ってカミソリやシェーバーを動かすと、肌への負担も大きく、毛穴も広げてしまうことになるので、やってはいけません。

お風呂のついでにカミソリを使った処理をする時に、ボディーソープなどを使用するのもよくありません。洗浄分に含まれる界面活性剤で皮膚がふやけて弱くなっている部分にカミソリの刃でさらに痛めてしまいますので、やってはいけません。

また、清潔でよく切れる刃を使っていないと、カミソリ負けなど肌の炎症や乾燥を起こしやすくなります。お風呂場にカミソリを置きっぱなしにしないようにしましょう。

脱毛する箇所の日焼けをすること

エステサロンやレーザー脱毛など、光を当てて脚脱毛を行う方法は、メラニン色素のある黒い部分に強く反応する性質を利用した脱毛方法となっています。

その関係で白い肌に黒い毛が生えていれば、黒い部分である毛の毛根に光のエネルギーが集中しますが、日焼けして黒い肌になっていれば、光のエネルギーが分散し、これが原因で脱毛効果が下がってしまいます。

脚脱毛を行う前や脱毛に通っている最中には、日焼けをしないようにしましょう。

脚のムダ毛の脱毛効果を得るのに必要な回数と通う頻度

脚のムダ毛の脱毛効果を得られるまでに必要な回数や頻度についてお伝えします。

美容クリニックやエステサロンに通って脱毛する場合でも、1度で全部の毛を処理することはできませんので、何度か通うことになります。

毛には毛周期という、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの毛が生えかわるサイクルがあります。脱毛効果を得られるまで通う回数ですが、毛周期に合わせて脱毛処理を行うため、だいたい1〜2ヶ月の間隔で1度のペースで通うことになります。

エステサロンでの脚脱毛は、完了まで1年〜2年ほど通うことが必要で、美容クリニックで行う医療レーザー脱毛などでは、だいたい5〜6回通って1年でキレイに脚脱毛をすることができる方が多いようです。

脚のムダ毛の脱毛効果が持続するのはどれぐらい?

脚のムダ毛の脱毛した後の、気になる効果をお伝えします。

家庭用脱毛器による脚のムダ毛の脱毛効果

家庭用脱毛器は、使用する機種によって一度に処理できる毛量や効果に差がありますが、脚のムダ毛の場合、全体的に脱毛できたと思った頃に最初に処理した部分が生えてくるようです。

毛周期を考えると、平均1ヶ月ほど脱毛効果が持続すると言えるのではないでしょうか。

エステサロンの脚のムダ毛の脱毛効果

エステサロンなどで行う脱毛は光を使用するものが多いです。

光脱毛の脱毛効果には個人差はありますが、脚のムダ毛の脱毛効果は、平均3回目ほどの施術で効果を実感する方が多いようです。
脚脱毛の効果を実感してから、毛周期で言う次回の発毛が行われる頃までは、脱毛効果が持続することになります。脱毛効果の持続する期間を具体的に言うと、脱毛効果を実感した後、平均で1ヶ月〜2ヶ月は脱毛効果が持続すると言えるでしょう。

ほぼ全体的に脱毛処理が終わった後は、数年〜数十年間、脱毛効果を感じている方もいらっしゃるようです。

医療レーザー脱毛の脚のムダ毛の脱毛効果

医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べて出力は高くなっています。

その分、痛みも強く感じたりする方もいらっしゃいますが、クリニックで行われる施術のため、麻酔クリームなど痛みを和らげる処置を行うことができます。

価格はサロンよりも若干高めですが、毛の再生力を弱める効果はより高いと言えます。

全体的な脚のムダ毛の脱毛施術が終了した後は、個人差はありますが、永久脱毛と呼べるほど数十年、脱毛効果を実感している方もいらっしゃるようです。

脚脱毛のお試し体験コース1回だけでも効果はあるのか?

エステサロンや美容系クリニックなどでよく行われている、お試し体験コースの効果についてお伝えします。

お試しコースは通常価格よりも安いお金で、多くの場合1回のみ、狭い範囲で脱毛の施術を受けることができるコースとなっています。

お試しと言っても、通常の脚脱毛に使用する機器を使った脱毛のため、その施術を受けた限られた部位のみで言えば、脱毛効果はあったと言えるでしょう。

ただし、脚の毛の量は多いものなので、お試し体験コースで一部の毛を処理したからと言って、1回の施術でツルツルになることはありません。

お試し体験コースは、その脱毛機器を使った後の肌トラブルはないか、カウンセリングや施術中のスタッフの対応はどうか、施術の内容などのポイントをしっかりチェックするために利用することをオススメします。

脚脱毛は男性でも効果あるのか?女性との違いは何?

最近増えてきた男性の脱毛はヒゲの脱毛についで、すね毛などの脚脱毛が多いそうです。

女性が行う脚脱毛とは違って、全部ツルツルにする方は少なく、全体的にバランスよく毛の量を減らす脱毛方法を選ぶ方が多いようです。

レーザー脱毛などでは、日焼けをしている部分は脱毛効果が薄れてしまいます。そのため男性に多い、日焼けした肌を持っている方は、脱毛効果を得るのは少ないかもしれません。

また、全部ツルツルにしない方でも、レーザー照射前には毛を剃ることが必要があります。半パンなどをはく夏の脱毛は避け、秋冬にかけて脚脱毛を行うことをオススメします。

医療脱毛とエステ脱毛のどちらのほうが脚脱毛効果は高い?

代表的な脱毛方法として、よく比較されるのが医療レーザー脱毛やニードル脱毛とエステの光脱毛です。

はたして脚脱毛で効果が高いのはどちらなのか比較検討してみたことをお伝えします。

医療脱毛は、医師のいるクリニックで行われるので、脱毛中の痛みや脱毛後の肌トラブルなどにもすぐ対処してもらえる安心感があります。

一度に広範囲の脱毛ができる医療レーザー脱毛や、1本ずつ毛根処理を行うニードル脱毛などいろいろあり、しっかり脱毛効果を得られる分、価格は高くなっています。

一方、エステ脱毛ですが、多くは駅前など街中に店舗を構えており、頻繁に通いやすいという利点と、脱毛キャンペーンなども多く用意されているので、施術回数はかかりますが、効果は実感しやすくなっています。

脚脱毛に限って言えば、脱毛効果はほぼ同じ程度の効果を実感できますが、施術回数が少ないのは医療脱毛で、価格が安いのはエステ脱毛のことが多いです。脱毛を受ける方が、金額を優先するか、時間を優先するかで選択するとよいでしょう。

効果を求める方におすすめの脚脱毛ランキング

脚脱毛に効果があると言われる脱毛方法のランキングを5位までご紹介します。

1位、医療レーザー脱毛による脚脱毛

医療レーザー脱毛は、料金はかかりますが、広範囲の脚脱毛の効果が一番実感できます。また、安心感のある脱毛方法という理由から、多くの方の指示を得ています。

2位、エステの光脱毛による脚脱毛

エステサロンの光脱毛による脚脱毛は、施術に通う回数はかかりますが、利用したことのある方が最も多い脱毛方法です。

3位、医療ニードル脱毛による脚脱毛

医療ニードル脱毛は、1本ずつ脱毛処理をするため、時間と費用はかかりますが、永久脱毛と呼べるほど脱毛効果が高い脱毛方法となっています。

4位、家庭用脱毛器による脚脱毛

家庭用脱毛器による脚脱毛は、処理範囲は少しずつになりますが、自分のペースで脱毛ができるので、不動の人気のある脱毛方法です。

5位、ブラジリアン・ワックスよる脚脱毛

ワックス脱毛の中で一番人気のあるブラジリアン・ワックスは、機械を使わない脱毛方法の中で人気も効果もある脱毛方法で、脚脱毛の効果も実感しやすくなっています。

総括・まとめ

今回の記事では脚脱毛の効果や、脱毛方法の違いによる効果の持続期間などについてお伝えしましたが、参考になったでしょうか。
脚脱毛をする方法はいろいろありますが、効果的なもの、効果がないと言われているものに脱毛方法についてお伝えしました。

効果的な脚のムダ毛の脱毛方法は、効果が早く短期間の施術で終了する脱毛方法ほど、価格は高くなっていきます。

広範囲に及ぶ脚脱毛ですが、他人の目にもつきやすい箇所のため、女性に限らず男性も脚脱毛をする方が増えてきています。

効果は早く実感できるけど価格は高い脱毛方法を選ぶのか、ゆっくりでもマイペースで脚脱毛できる方法を選ぶのか、自分自身の優先順位を目安にして脱毛プランを選択するといいですね。