医療レーザー脱毛で脚脱毛の詳細

> 医療レーザー脱毛で脚脱毛

医療レーザー脱毛で脚脱毛

医療レーザー脱毛とは

クリニックでの医療レーザー脱毛という言葉を聞いたことはあっても、実際にどのような仕組みなのかを知らないという方も多いのではないでしょうか。

レーザー脱毛とは、その名の通り、皮膚にレーザーをあてることで脱毛効果を得る施術です。

レーザー光線は、特定の色や物に反応する性質があり、脱毛の場合は黒に反応するようになっています。

エステサロンで使われる光脱毛と異なり、施術できるのは医師など、特定の専門家だけなので、安全性が高く、効果も高いとされています。

レーザー脱毛の流れ

1)事前処理として、あらかじめムダ毛を剃っておきます

2)ムダ毛処理した皮膚にレーザーを照射すると、レーザーは毛穴に見える点状の黒色(毛の断面)に反応します

3)皮膚の中にある毛が熱を持ち、その熱により「毛母細胞」を破壊します。

4)毛母細胞が破壊されると、「皮膚の下に残っていた毛がいずれ抜け落ち、新しい毛は生えてこない」という効果につながります。

毛母細胞とは?

毛乳頭周辺の細胞組織で、毛乳頭から栄養や酸素を受け取ることで髪の毛を作っている。髪を作るためになくてはならない細胞。

医療レーザー脱毛で脚脱毛をするメリット

マシンの安全性

医療用のレーザーは、厚生労働省の許可を得た医療機器なので、機械そのものの安全性はエステサロンで使われるマシンよりも高いでしょう。具体的には火傷や肌荒れといったトラブルの発生が少ないとされています。

人的な安全性

医療レーザー脱毛は、医師など有資格者による施術になります。また、クリニックにはドクターが常駐しているので、万が一皮膚などにトラブルが生じた場合にもその場で対応してもらえるという安心感があります。施術の前後にも医師の診察があることがほとんどで、肌の状態によっては薬を処方してもらうこともあります。

優れた脱毛効果

エステサロンの施術で毛根を破壊する施術は禁止されています。そのため、脱毛といっても、実際には毛の成長を抑制する施術がほとんどで、ある程度の年月が経てばまたムダ毛が生えてきます。その一方で、医療レーザーの場合はそのような制限がないため、強い出力で毛乳頭まで破壊し、長期的で質の高い脱毛効果が期待できます。

短期間の施術

強い照射レベルのレーザーで施術をするので、5〜8回程度の通院で脱毛が完了します。継続して通うことにはなりますが、時間的な負担も少なく済みそうです。

自己処理に比べて肌トラブルが少ない

レーザーによる火傷などの可能性はあるものの、自宅での自己処理方法(カミソリ、シェーバーなど)で起こりがちな肌荒れや埋没毛といったトラブルがほとんどありません。医療レーザー脱毛では肌の角質を削ったり、毛穴を無理に開いたりしないためで、肌への負担が少なくなります。

医療レーザー脱毛で脚脱毛をするデメリット

高めの料金相場

医療レーザー脱毛は他の施術に比べ、若干費用が高く、継続して通うことになると金銭面での負担が大きくなるかもしれません。しかし、施術が短期間で終わるので、トータルで見ると実際にはサロンと似たようなものだったという口コミも多いようです。

痛み

医療レーザーは出力が強い分、施術に痛みを伴うことが多くあります。この痛みは必ずしも我慢する必要はなく、麻酔を使用することも珍しくありません。

医療レーザーで使われる麻酔法

笑気麻酔

笑気ガスによる麻酔。濃度は患者ごとに変更できるので、リスクも少ないとされています。

クリーム麻酔

クリームを塗ることで感覚を鈍らせる麻酔。効くまでに30分程度かかります。

毛質・毛量によっては効果が出にくい

医療レーザー脱毛は、毛穴に見える黒色に反応してレーザーが照射されます。そのため、産毛などの細い毛、色の薄い毛には反応しにくいことがあります。

また、男性のひげのように部分的に密集している毛については、太い毛であろうと施術が難しいとされています。こういった部位については、別の脱毛方法が向いているので、受診の際にしっかり相談してみてください。

肌の状態や部位によって施術できないことがある

医療レーザー脱毛は黒い部分に反応するので、乳首や性器周辺など、肌の色の濃い部分には照射できません。それ以外にも、ホクロやアザ、血管が濃く浮き出ている部分への施術も避けることになるので、医師としっかり相談の上安全な施術を受けられるようにしましょう。

医療レーザー脱毛で脚脱毛にかかる時間

通院期間・必要回数

脚に限らず、医療レーザーでの脱毛は5〜8回程度通えばほぼ脱毛が完了するといわれています。通う間隔は2か月に一度というところが多いようです。

2か月に1回、全部で6回通ったとすると約1年で脱毛完了です。順調に通うことが出来れば1年から1年3か月ほどの通院になると考えられます。

また、脱毛完了前でも、多くの方が半年ほどで自己処理がほぼ不要になったと感じているようです。

施術時間

クリニックや脚の施術範囲によって異なりますが、平均で20〜40分程度です。詳しくはクリニックのカウンセリングで確認してみてください。

脚脱毛におすすめの医療レーザー脱毛

湘南美容外科クリニック

全国展開し、様々なメディアにも出ているクリニックです。研修制度や海外との交流制度により、技術の向上、安全性の追求を行っています。脱毛分野では、エステ脱毛からの乗り換えトライアルなどのキャンペーンもあり、お得に医療レーザー脱毛に挑戦できるクリニックです。

施術名 施術範囲 回数・料金(税込) 備考
Sパーツ(1部位) 膝小僧・脚の甲と指・うなじ・額・口ひげ・顎・顎下・首・手の甲と指・乳輪周囲・へそ下・Vライン・Iライン・Oライン 1回:6,070円
3回:17,410円
6回:28,750円
9回:39,280円
ポイントカード会員5%OFF。
プラチナカード会員8%OFF。
Lパーツ(1部位) 両ひざ上・両ひざ下・両肘上・両肘下・胸・腹・背中(上)・背中(下)・臀部 1回:17,410円
3回:50,220円
6回:81,000円
9回:111,370円
ポイントカード会員5%OFF。
プラチナカード会員8%OFF。
手足スッキリセット 肘上・肘下・膝上・膝下 1回:49,800円
3回:113,400円
6回:201,280円
9回:268,510円

美容皮膚科 RIZE

女性専用の美容皮膚科で、スタッフも全員女性のクリニックです。カウンセリングは必ず医師が担当し、一人一人に合った施術を勧めることとなっています。「日本一丁寧なカウンセリングを行うクリニック」を目標にしています。追加費用がかからないので、いつの間にか予算オーバーしてしまったということもなさそうです。

施術名 施術範囲 回数・料金(税込) 備考
脚全体セット 脚全体 5回(約2年):5,200円/月 契約の料金以外は一切追加料金なし。(初診料、キャンセル料、治療薬、クリームなど。)

渋谷美容外科クリニック

レーザー脱毛について多くの実績を残すクリニックです。料金についても、施術費用以外のものが発生する場合には事前にしっかり説明を行い、納得していただいた上で施術を行います。池袋院・新宿院・渋谷院では平日23時までの夜間診療を行っているので、お仕事が忙しい方でも通いやすいのも魅力です。

施術名 施術範囲 回数・料金(税別)
Sパーツ(1部位) ワキ・Vライン・V下・V上・膝・手甲・手指・足甲・足指・上口唇・下口唇・顎先・額 初回3回:4,800円
初回5回:8,000円
初回8回:12,800円
Mパーツ(1部位) Iライン周囲・Iライン内側・Oライン周囲・膝下・肘下・肘上・乳輪周辺・眉毛・首・うなじ 初回3回:15,000円
初回5回:25,000円
初回8回:40,000円
Lパーツ(1部位) V全処理・膝上・背中・胸部・腹部・腰部・ヒップ・顔全体 初回3回:30,000円
初回5回:50,000円
初回8回:80,000円

アリシアクリニック

関東を中心に展開するクリニックです。医療脱毛を、サロンに負けない安価で提供しています。支払方法が選べ、分割払いの場合は金利手数料をクリニックが負担してくれるので月額制の利用もしやすい料金体系になっています。ここではセットプランをご紹介しますが、パーツごとの施術もあるので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

施術名 施術範囲 回数・料金 備考
ヒジ下+ヒザ下脱毛セット 両ひじ下・両手の甲・指・両ひざ下・両足の甲・指 5回:82,500円
8回:123,840円
脱毛し放題:158,400円
月額払いの場合
5回:3000円×36回
8回:4,000円×36回
脱毛し放題:5,200円×36回
脚脱毛セット 両足の甲・指
両ひざ上・両ひざ下・両ひざ
5回:92,900円
8回:139,960円
脱毛し放題:178,380円
月額払いの場合
5回:3000円×36回
8回:4,600円×36回
脱毛し放題:5,800円×36回

その他の人気クリニックはこちらのページへ⇒ 脚の医療脱毛でおすすめの人気クリニックランキング

エステの光脱毛と医療レーザー脱毛のどっちがいい?

エステで行われる光脱毛と、医療レーザー脱毛を比較してみました。

エステの光脱毛 医療レーザー脱毛
安全性 ×LOSE
資格がなくてもできるため、練習を積んだエステティシャンによる施術。
〇WIN
有資格者(看護師や医師)による施術。使用マシンも厚生労働省の認可を受けた信頼できるもの。
痛み 〇WIN
パチッという痛みはあるものの、我慢できないほどではない
×LOSE
強めの痛みが出るため、麻酔を使用することもある
効果 ×LOSE
実際には毛の発育を抑える施術にとどまるため、脱毛効果は弱め。時間が経つとまた生えてくる
〇WIN
毛根の細胞まで破壊する、高い出力のレーザーを使用するので、脱毛効果はかなり高い
施術回数・期間 ×LOSE
10回以上・2〜3年ほど通う必要がある
〇WIN
5〜8回・1年〜1年半ほど通う必要がある
費用 〇WIN
サロンごとに異なるがキャンペーンやお試し体験を利用することで安くなることもある。
×LOSE
エステサロンに比べて少し高めの設定が多い。また、キャンペーンなどもエステサロンに比べると弱い。
肌トラブルへの対処 ×LOSE
店舗での医療行為はできないため、重症の場合は別の医療機関を受診する
〇WIN
ドクターが常駐しているので、その場ですぐに適切な処置をしてもらえる。
カウンセリング、勧誘など ×LOSE
店舗のスタッフやエステティシャンによるカウンセリング。勧誘は店舗によっては強いことも。
〇WIN
看護師や医師によるカウンセリングや診察。医療機関なので勧誘はそこまで強くないことがほとんど。

費用的な面以外は医療レーザー脱毛のほうが安心して施術を受けられる印象です。また、その費用についても、クリニックは高めの設定ではありますが、通う期間や脱毛効果を考えると、相応の価格だとも思われます。

検討される際にはカウンセリングで気になることをしっかり確認し、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

ニードル脱毛と医療レーザー脱毛のどっちがいい?

ニードル脱毛とは、その名の通り針(ニードル)を使った脱毛です。少し毛を伸ばした状態で、針を毛穴に刺し、電流を流します。その電流の熱で毛根を破壊し、脱毛効果を得る方法です。

これを毛穴一つ一つに施術していくので非常に根気のいる脱毛方法ですが、一昔前まではニードル脱毛が主流でした。

ニードル脱毛 医療レーザー脱毛
安全性 ×LOSE
医療機関での施術は脱毛士という有資格者のみに限られ、大きなリスクはあまりないものの、肌トラブルが起きやすいともいわれる
〇WIN
有資格者による施術。マシンも厚生労働省の認可を得ているので安心できる
永久脱毛効果 〇WIN
かなり高い
×LOSE
高い
痛みやリスク ×LOSE
かなり痛い(麻酔あり)
施術者の技術によっては内出血や炎症などのトラブルもある
〇WIN
痛い(麻酔あり)
施術回数・期間 ×LOSE
一本一本を施術するため、かなりの時間がかかる。
〇WIN
5〜8回・1年〜1年半ほど通う必要がある
費用 ×LOSE
時間単位での施術が多く、5分で2,000〜3,000円が平均。
〇WIN
回数や範囲にもよりますが脚部分を完了まですると6万円程度のところが多い。
施術部位 〇WIN
毛穴に一本一本施術するので、髭やデリケートゾーンなどの狭い範囲でも施術可能。
×LOSE
まとまった範囲にレーザーを照射するので、髭などには向かない。また、黒色に反応するため、デリケートゾーンにも不向き。

ニードル脱毛は、昔から使われる技術で効果の高さが魅力です。痛みや費用という難点があっても、あえてニードル脱毛を好む方もおられるようです。

しかし、医療レーザー脱毛も現在ではかなりの脱毛効果があり、かかる時間や費用などを考えるとレーザー脱毛でも十分の効果が得られるでしょう。

まとめ

今回は、医療レーザーによる脚脱毛について調べてみました。エステサロンでも十分に脱毛の効果が得られますが、クリニックでの医療レーザー脱毛の効果に比べると効果に大きな差があることが分かりました。

エステサロンではクリニックと同様の脱毛効果を持つ施術が禁止されているというのも驚きですね。

医療レーザー脱毛は、施術範囲は限られるものの、脚の脱毛についていえば十分に効果が期待できるといえるでしょう。

費用は若干高めに設定されていますが、それに見合った効果と施術期間といったメリットがあります。

また肌トラブルにもすぐに対処してもらえるので、肌が弱い・肌が荒れているといった方にも医療レーザーでの脱毛がオススメです。

そして医療レーザー脱毛は、麻酔を使って痛みを軽減できるので、痛いのが苦手・怖いという方でも安心感があります。事前のカウンセリングも医師が対応することが多いので、そういった痛みについての不安や肌質の相談にもしっかり答えてもらえるでしょう。

ツルツルのきれいな脚を手に入れて自信が持てると、歩き方やファッションも変わります。

エステサロンの脱毛を検討している方、自己処理の脱毛がうまくいっていない方はぜひ一度医療レーザーでの脱毛も検討してみてください。きっと世界が明るくなることを感じられるでしょう。